保険の特徴

保険の見直しをしてみようと考えてはいるものの、保険は仕組みや内容が難しすぎて手がつけにくいと思っている方もいらっしゃると思われます。しかし、保険は用途によって大きく3つに分けることができ、それらがさらに期間によって3つに分けられるようになっています。たくさん種類があるように思えますが、実際にはこれだけなのです。

まず、保険は用途によって第一から第三分野に分けられます。
一つ目は生命保険や死亡保険といった生命に関わるもの、二つ目は火災保険や自動車保険といった事故やリスク関する損害保険、三つ目はがん保険や介護保険といった医療保険です。

そしてさらに保険は定期保険、終身保険、養老保険の3つに期間によって分けられます。定期保険は一定期間のみ加入する保険であり、その期間のみ保証を受けられます。したがって他の保険よりも保険料が安いという特徴があります。終身保険は一生涯保障が続くため、生命保険などはこれにあたります。養老保険は満期のときに他よりも多くの保険金が得られるため、期間が長く保険料も少々割高です。保険は基本的にはこれらの組み合わせでできています。今ご自身が加入している保険もこの中のどれかに必ず当てはまるので、難しく考える必要はないのです。